Media / メディア掲載

オープン以来、情報誌や書籍など様々なメディアで当店が紹介されました。
その一部をご覧下さい。最新のものから順番にご紹介します。


『鎌倉さんぽ旅』(2017年)

2017年4月3日発売の書籍『鎌倉さんぽ旅』(ぴあMOOK)にて当店が紹介されました。

 

この本はこんなコンセプトで作られたそうです。

「初めて鎌倉を訪れる人はもちろん、何度か行ったことのある人でもひと味違った楽しみ方ができる、テーマでめぐる鎌倉ガイド。人気のシーサイドエリアのカフェへ足を運んだり、四季の風景を楽しんだり、江ノ電を途中下車して町歩きをしたり。
そのときの気分にあわせて、行きたいテーマを見つけてみましょう。これできっと、もっと鎌倉が好きになる! 」

 

当店は、「美味なる鎌倉野菜を求めて」という特集内で大きく紹介されました。

 

『鎌倉さんぽ旅』は、全国の書店、コンビニでお買い求めいただけます。ぜひご覧になってみて下さいね!(2017年4月3日発売 ぴあ)


『Sprout Vol.3』日帰りで行く 大人のおいしい街歩き(2016年)

光文社発行の女性に人気の情報誌『Sprout(スプラウト)Vol.3』にて当店が紹介されました。

 

テーマは、日帰りで行く大人のおいしい街歩き。鎌倉特集ページは、「地元で愛される店はやっぱり違う 鎌倉は一本裏道の隅々までおいしい」という内容で、光栄なことに当店が掲載されています。

 

『Sprout(スプラウト)』は、全国の書店、コンビニでお買い求めいただけます。(2016年10月20日発売 光文社)


『出没!アド街ック天国』鎌倉由比ガ浜(2016年)

2016年6月25日、テレビ東京系列の人気情報バラエティ番組出没!アド街ック天国』で紹介されました。(上の画像は公式サイトよりお借りしました)

 

今回は当店の所在地「鎌倉由比ガ浜」の特集で、番組制作会社からオファーがあり、テレビ初出演となりました。当店はなんと第14位にランクイン。「地元食材てんこもり!」の店として、二大人気メニューが映像とナレーションで紹介されました。

 

テレビの反響は想像以上に大きく、6月下旬現在ランチタイムはたいへん混雑しております。ご来店の日程がお決まりの方には、ご予約をおすすめしております。

(2016年6月25日オンエア テレビ東京)

 

(番組内のナレーションより)「由比ガ浜大通りの六地蔵。そのそばに鎌倉らしさを味わえる人気店があります。第14位、カフェ ビタースイート。」

「こちらには、食べずには帰れないこだわりメニューがあります。それが、一組一皿限定の“本日のサラダ”。」

「市内の市場で毎朝仕入れる鎌倉野菜を中心に、たっぷり盛り付けます。その数、実に40種以上。」

(*お店注:上記の野菜は番組撮影時である5月下旬のものです。使用する野菜は、春夏秋冬、季節によってゆっくりと変化していきます。)

「(エクストラ・ヴァージン)オリーブオイルと塩だけでいただけば、鎌倉野菜の滋味を存分に味わえます。そして……」

「“釜揚げシラスと桜エビのピザです”。地元のシラスと駿河湾の桜エビをこれまたたっぷりと使った、ハーフ&ハーフのピザ。」

「3種類のチーズとの調和もお見事です。」

(スタジオ収録場面にて)

須黒アナ「それから、カフェ ビタースイート。」

峰竜太「このピザはうまいよ〜。釜揚げシラスと桜エビ。」

テリー伊藤「あれ、もう完全にツートップですね~。」

峰竜太「チーズがモッツァレラ使ってるんで、あっさりしてておいしいんですよ。で、(シラスも桜エビも)両方合うのよ~。」

深沢邦之「くぅ~……。」

 

峰さん、テリーさん、深沢さん、ありがとうございました!


【追記】

なんと、無料動画サイトのYoutubeに、当日オンエアされた放送内容(本編)がアップロードされていました。鎌倉由比ガ浜の魅力が満載の番組ですので、見逃してしまったという方、もう一度見てみたいという方、ご覧になってみて下さい。(下記の画像をクリックして下さい。また、右下の「Youtube.comで視聴する」をクリックすると大きな映像で視聴できます」)

 

番組をご覧になったら、ぜひ鎌倉由比ガ浜の名所をいろいろ訪ねてみて下さいね〜!

 


『OZ magazine 鎌倉特集号』(2016年)

4月12日発売の情報誌OZ magazine(鎌倉特集号)』(スターツ出版刊)で、昨年に続いて当店が紹介されました。

 

今年の鎌倉特集号はこんなコンセプトで作られたそうです。

 

春が来ると鎌倉に行きたくなる。観光客の多いエリアから少し離れれば、待っているのは鎌倉の地元モード。お店の人がフレンドリーで、なにげなくかけてもらう声が心地いい。この街のいちばんの魅力はきっと、来る者を拒まないこの親しみやすさ。さあ、春の鎌倉へ。」

 

Book in Book形式の特集記事は「鎌倉駅から10分以内 ジャンル別グルメガイド」。その中で当店の“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が取り上げられました。

 

毎年春に発売されるこの特集号はたいへん人気が高いそうで、出版形式は、通常版と持ち運びに便利なプチサイズ版の2種類で出版されます。

(2016年4月12日発売 スターツ出版)


『るるぶ鎌倉 '16−'17』(2016年)

2月12日発売の旅行情報誌『るるぶ鎌倉 '16-'17』に、当店が掲載されました。鎌倉野菜の特集ページで、昨年に続いて“本日のサラダ”が紹介されました。
(2016年2月12日発売 JTBパブリッシング)


ニッポン放送『大谷ノブ彦キキマス!』(2015年)

2015年8月26日(水)、ニッポン放送『大谷ノブ彦キキマス』にて当店が紹介されました。

 

この日のテーマは「絶対にしくじらない京都・鎌倉遊び(ゲスト森脇健児)」。鎌倉のシラス料理ならココ!ということで、当店の“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が紹介されました。

こちらのリンク先に番組の音声ファイルがアップされています。19:40から約3分程です(19:40まで早送りもできます)。ご興味のある方、クリックしてみて下さいね。

番組の公式サイトはこちらです。(2015年8月26日O.A.)

 


『海街 diary すずちゃんの海街レシピ』(2015年)

2015年6月13日(土)公開の映画『海街(うみまち) diary』。
 
皆様ご存知かと存じますが、吉田秋生さん作のコミックが原作で舞台は鎌倉です。是枝監督がメガホンをとり人気女優さんが主演ということで、ここ最近テレビでも映画公開に合わせて積極的に宣伝が行われていますね。

さて、そんな『海街 diary』ですが、小学館から関連本の『海街 diary すずちゃんの海街レシピ』という書籍が発売されました。
 
「海街のおいしい!をいただきます」という企画で、「作品舞台鎌倉で実際に食べられるメニューとお店を、登場人物たちがご紹介!さらに洋食、和食、喫茶から食べ歩き、お土産まで、グルメ情報満載のスペシャルガイドブック」という内容です。

おかげさまで当店の大人気メニューの“釜揚げシラスと桜エビのピザ”も大きく掲載されています。ぜひチェックしてみて下さい!(2015年5月8日発売 小学館)


OZ magazine 鎌倉特集号(2015年)

4月11日発売の情報誌OZ magazine(鎌倉特集号)』(スターツ出版刊)で、当店が紹介されました。

 

鎌倉特集号はこんなコンセプトで作られたそうです。 「地元の人に愛されている『本当の鎌倉』を特集。今回は地元を愛する人に、おすすめを聞いてみました。地元のみんなと話をしたら、案内された道を歩いてみたら、教えてくれた人の数だけ、行きたい『鎌倉』が見つかりました。」

 

Book in Book形式の特集記事は「ランチとカフェと甘いもの」。その中で当店の“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が大きく取り上げられました。

 

毎年春に発売されるこの特集号はたいへん人気が高いそうで、出版形式は、通常版と持ち運びに便利なプチサイズ版の2種類で出版されます。

(2015年4月11日発売 スターツ出版)

【追記】

OZ Magazineを発行するスターツ出版の特設Webサイトでも紹介されました。

 

●OZmall 『丼、ピッツァ、パスタも!獲れたての「しらす」を味わいに、春の鎌倉へ出かけよう』

 


『ヒルナンデス!』(2015年)

日本テレビ系列で放送中の情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』。この日のテーマは田崎真也さんがプロデュースする「春の鎌倉 日帰り女子旅」。

番組冒頭のシラス料理特集で当店の「ピザ・チチニエリ」がイメージカットとして使われました。

 

シラス料理の一例として今回は写真だけの提供でしたが、民放テレビ番組へ当店が初めて登場しました。(2015年4月23日 O.A. 日本テレビ)

 


『まっぷる鎌倉』(2015年)

2月18日発売の旅行情報誌『まっぷる鎌倉 '16』(昭文社刊)に、当店が掲載されました。「優雅なごほうびグルメ」という特集で、“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が大きく紹介されています。
(2015年2月18日発売 昭文社)


『るるぶ鎌倉』(2015年)

2月9日発売の旅行情報誌『るるぶ鎌倉 '2015-16』(JTBパブリッシング刊)に、当店が掲載されました。鎌倉野菜の特集で、“本日のサラダ”が大きく紹介されています。
(2015年2月9日発売 
JTBパブリッシング


Volkswagen 公式ウェブサイト(2014年)

長谷川潤さんがイメージ・キャラクターを務めるフォルクスワーゲン・ザ・ビートル。その特設ウェブサイトで当店が紹介されました。ぜひご覧下さい(期間限定です)!(2014年9月12日公開 フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

☞ 「The Beetle Cabrioletでココに行きたい! Vol.3 オーガニック&フレッシュな野菜を味わいに鎌倉へ!」http://bit.ly/1qNePVl (期間限定だったため、現在は見る事ができません。下記の画像をご参照下さい)

 

(画像はフォルクスワーゲン公式サイト http://thebeetle.jp/ よりお借りしました)


Tabitte 鎌倉(2014年)

昭文社が「電車やバスなどの公共交通を利用して、旅先を隅々まで楽しむ人のための新国内ガイドブック、tabitte(タビッテ)」を発売。


全国20カ所のガイドブックが発売されましたが、鎌倉版で当店が紹介されました。(2014年7月1日発売 昭文社)



とびっきりの鎌倉案内(2014年)

雑誌『湘南スタイル』を発行するエイ出版より鎌倉ガイドの決定版『とびっきりの鎌倉案内』が発売されました。


鎌倉野菜の特集で、当店人気メニューの“本日のサラダ”が、シラス特集では“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が紹介されました。(2014年4月26日発売 エイ出版)



横浜ウォーカー(2014年)

「前代未聞 シラス名店集結 シラス大好き! 厳選97店」という特集の中で、当店の大人気メニュー “釜揚げシラスと桜エビのピザ” が大きく取りあげられました。(2014年4月19日発売 角川マガジンズ)

 


神奈川Walker 2013夏

シラス料理特集のページに、当店の大人気メニュー“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が掲載されています。

特集タイトル:「いつだってシラスに夢中」


鎌倉=湘南のお宝フードといえばいまや「シラス」。丼や和食の枠を超えて、中華などワールドワイドに世界の料理へ進出! 今後が見逃せない。(2013年6月6日発売 角川マガジンズ

 


オレンジページ(2013年)

特集「いただきます神奈川・鎌倉」内の鎌倉野菜特集で当店が紹介されました。“本日のサラダ”、“野菜のドリア”が写真入りで掲載されています。

掲載内容:「ひと皿に30種類以上! 色とりどりの野菜が個性を咲かせて」


赤、紫、緑、黄……みずみずしい色彩の豊かさにびっくり。30種類以上の野菜を使う「本日のサラダ」は、鎌倉野菜にほれ込んだ店主の自信作。ゆでる、蒸す、冷水にさらすなど、野菜ごとにひと手間かけ、それぞれの個性を引き出しています。味や食感の違いを存分に楽しんで……(以下省略)(2013年6月1日発売 株式会社オレンジページ)

 


横浜鎌倉カフェブック2013-14

「地産フード/カフェ」というコーナーで、“本日のサラダ”が紹介されました。

掲載内容:「ブラウンを基調にした落ち着いた雰囲気の店内で、新鮮な食材を使った料理が味わえる。なかでも一番の人気は、地元鎌倉産の野菜を使った本日のサラダ。市場で仕入れた収穫されたばかりの季節野菜を約25種類も使った贅沢なサラダで、これを目当てに店を訪れる人も多いそう……。(以下省略)」(2013年1月10日発売 成美堂出版

 


横浜ウォーカー(2012年)

巻頭の「おいしい秋見つけた♪紅葉の鎌倉散歩」という特集内の、“江ノ電でグルメ巡り”コーナーで、“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が写真入りで紹介されました。

掲載内容:「たっぷりのシラス&桜エビで満足度大!(以下省略)」(2012年11月13日発売 角川マガジンズ)

 


森三中の三ツ森レストラン(2012年)

TOKYO FMのラジオ番組『森三中の三ツ森レストラン』で紹介されました。

この日のテーマは“鎌倉の美味しいレストラン”。番組冒頭の「三ツ森グルメファイル」というコーナーで、“釜揚げシラスと桜エビのピザ”、“本日のサラダ”が紹介され、“森”(★)2.5をいただきました。(2012年5月18日 O.A. TOKYO FM)

 


ブルーガイド プチ贅沢な旅05 鎌倉(2012年)

鎌倉野菜特集のページで、“本日のサラダ”を中心にお料理3品が紹介されました。

特集タイトル:イチオシの古都グルメ 美味しい鎌倉野菜

掲載内容:「観光客の流れから少しはずれた立地にある店は、友人・家族連れからおひとり様まで、いつでも居心地が良いと地元で評判。“多種多様な鎌倉野菜” という鎌倉野菜の特徴を実感したいなら“野菜のドリア”と“本日のサラダ”がおすすめ。それぞれの持ち味を活かした丁寧な調理で野菜の滋味があふれる逸品……。(以下省略)」(2012年5月16日発売 実業之日本社

 


OZ Magazine(2012年)

特集タイトル:「かまくらのごはんとおやつ」


「みずみずしい鎌倉野菜や近くの海で穫れた魚、スタッフが丁寧にいれるコーヒーや昔懐かしい甘味…。海と山に囲まれた鎌倉にはそんなお店が町のあちこちに。美しい風景を眺めながら食べればきっといい思い出になるはず…」(2012年4月12日発売 スターツ出版)

*人気メニューの“釜揚げシラスと桜エビのピザ”、“本日のサラダ”が写真入りで紹介されました。

 


関東じゃらん(2011年)

特集タイトル:春の鎌倉ぶらり♪お散歩BOOK

掲載内容:“野菜の旨味をしっかり食す 彩り鮮やかなドリア”

 

「由比ガ浜通りからちょっと入った、隠れ家的なカフェ。店主が自ら撮影した写真が飾られる店内は、女性一人利用も気兼ねない。地元の新鮮食材にこだわるフードメニューも充実。」(2011年3月1日発売号 リクルート)

*人気メニューの“野菜のドリア”が大きな写真で紹介されました。

 


ことりっぷ iForte 鎌倉(2011年)

特集タイトル:生も釜揚げもおいしい 新鮮しらす


小さいからとあなどれない、しらすをメインにした人気の料理。鎌倉に行ったら必ず食べて帰りたい、名物です。

掲載内容:“居心地のよいモダンな空間で鎌倉の自然の恵みをいただく”
「ブラウンを基調とした店内は、大人がくつろげる落ち着いた雰囲気。新鮮な地元の素材を使った手作りメニューが豊富に揃う。夜はお酒と一緒に味わうのもよい」(2011年9月1日発売 昭文社

*シラス特集のページで、人気メニューの“釜揚げシラスと桜エビのピザ”が写真入りで紹介されました。

 


休日のカフェめぐり 湘南・鎌倉・三浦・横浜(2010年)

サブタイトル:心の休日を求めて ちょっと遠くのあのカフェへ

掲載内容:“地元の人たちに愛されるゆったりとくつろげる大人の空間”


「店内は広々としていて都会のセンスを感じさせる。「お客様にゆったりとおくつろぎいただけるように工夫しています」という店主の思いから、大きめのテーブル や椅子は余裕をもって配置され、大きなソファ席もあってくつろげる。ワッフルは250円と手頃な価格で提供。……(以下省略)」(2010年5月17日発売 幹書房

*「カフェ好きが選んだお気に入りcafe48店」に選ばれ、当店が詳しく紹介されました。

 


Cafe & Restaurant(2010年)

特集のタイトル:大人気のパスタランチが集合! パスタが評判のカフェ・レストランに取材

掲載内容:“鎌倉産の旬野菜をたっぷり使用し、食べ応えや食感も重視したパスタ”

*当店のパスタ5種類が、見開きで詳しく紹介されました。(2010年 4月号 旭屋出版刊)



OZ Magazine(2009年)

特集のタイトル:だから好き鎌倉。鎌倉ランチ&カフェ36

掲載内容:“つい長居したくなる静かなオトナ空間”


「コンセプトは「ゆっくりくつろげる大人の空間」。女性ひとりでもきままに訪れ、ランチやお茶を楽しめる雰囲気だ。席には十分な間隔があり、自分だけのプライベートタイムを満喫できる。大人が集まる場所だけに店内は静かで、つい時が経つのを忘れてしまいそう。」(2009 No. 446 スターツ出版刊)

 


横浜ウォーカー(2008年)

特集のタイトル:紅葉の鎌倉で新うまいモノさんぽ。未来の鎌倉名物! 新スイーツあり!!

掲載内容:“シックな空間でゆったりカフェブレイク”
「ゆったりとしたスペースに席は18席のみ。落ち着いたトーンの空間で楽しめるのは、3種類から選べる自家製ワッフル。自家製パンを使ったBLTサンドなど、フードもオススメ!」(2008 No.23 角川クロスメディア刊)



湘南鎌倉Walker(2008年)

特集のタイトル:08湘南鎌倉とっておきグルメ

掲載内容:“毎日でも通いたくなる大人の憩い場”

 

「イームズのチェアなどセンスあふれるインテリアが置かれた居心地のよいカフェ。丁寧にいれたドリップコーヒーが400円〜と手ごろな価格もうれしい。シングルモルトもそろい、夜は21:00まで営業しているのでバーとしての利用も可能だ。」(08年版 角川クロスメディア刊)

 


Hanako(2008年)

特集のタイトル:山がおいしい、海がおいしい。鎌倉から湘南まで食べつくせ

掲載内容:“1日に2度訪れる常連も。地元っ子が集うNewフェイス”


「由比ガ浜通りへ抜ける静かな通りにオープンした、シックな雰囲気なカフェ。“地元の人が普段使いできる店を”と、丁寧にいれるドリップコーヒーは400円、 毎朝焼くワッフルは250円〜と、チェーン店なみの価格設定に。雑誌やパソコンが悠々広げられる75cm角の大きなテーブルは、心地良さへのこだわりだ。 界隈では希少な21時までの営業なので、バー使いもOK。実に使い勝手のいい一軒。」(2008 No. 922 マガジンハウス刊)

 


マスコミ・プレス関係の皆様へ

取材に関するお問い合わせは、こちらまでお願い致します。
☞ Tel & Fax : (0467) 22-1988

*午前中の仕込み〜ランチタイム中、ディナータイム中はゆっくりお話することができません。何卒ご容赦下さい。

*15:00〜18:00にお電話いただけると助かります。

*企画概要をFaxでいただけると幸いです。